自動車は購入の際に
少し工夫するだけでも
数万円価格や費用が
変わってくることが多いです。

金額が高い分比率で
計算されたときには
影響が大きくなるからです。

例えば10万円のものが
1%安くなっても
1000円の値引きですが
100万円のものが
1%安くなれば1万円も
安くなるわけです。

車買取一括査定ランキング

 

ローンの金利

自動車を購入する場合
ローンを組む人が
多いと思います。

そしてローンを組む場合
ディーラーや販売店で
取り扱っているローンに
申し込む人が
ほとんどだと思います。

メーカーと
タイアップキャンペーン
している1%以下の
金利ローンなんかだと
良いんですが
通常案内される
ローンは金利が
高いことが多いです。

特に高い場合は
10%前後
になることもあります。

金額が大きい買い物
ですからローン金利は
特に注意して
確認しましょう。

私がオススメしたいのは
販売店のローンではなく、
銀行や信用金庫で借りる
マイカーローンです。

特に信用金庫は
金利が安く実際に
私が利用したローンは
1.9%でした。

銀行、信用金庫ローンは
金利が安いだけでは
ありません。

ディーラーや販売店で
ローンを申し込んだ場合
名義はお店の所有に
なってしまいます。

この場合、
ローンを完済するまで
自分の所有物ではないので、
何らかの理由で
売却したいと思っても
すぐに手放すことが
できなくなってしまいます。

それに車検証の
所有者の欄に
販売店の名前が入っていると
気分的にも
あまり良い気は
しないでしょう?

 

装備品

カーナビや
アルミホイールなどの装備品や
オプションは
ディーラーで買わず、
専門店や用品店で
購入するのがオススメです。

これは同じ商品であっても
値引き率が違うからです。

高い金額の大きな買い物を
するときには
気分も大きくなりがちなので
数万円、数千円の差でも
見落としてしまいがちです。

ただ、
販売店で購入してしまえば
自動車のローンの中に
組み込んでしまうことが
可能ですので
安い金利で購入することは
可能です。

値引き金額と
ローン金利を計算して
見比べるようにしましょう。

車種専用ナビじゃないと
ハンドルについている
操作ボタンが
使えないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、
今は操作ボタンが
そのまま使えるナビも
たくさん出てきています。

専門店や用品店で
相談すれば必要にあったものを
選んでもらえますよ。

それから、
以前の記事でも紹介しましたが、
クルーズコントローラーなどは
後から購入し
追加装備できる車種もあるので、
グレードを上げて
無駄に豪華整備にせず、
必要な部品を
追加購入するほうが
安くなる場合もあります。

 

アルミホイールなんかも汎用性が高い部品なので専門店で装着可能なものを相談して購入する方がいろいろとデザインや色を選んだりすることができますし、価格も安くなることが多いです。

なぜ専門店のほうが安いかというと、仕入れの量が自動車販売店と比べて多い分、メーカーからの仕入れ価格が安いからです。

ディーラー系中古車店は諸経費が安い?

これは私の経験でしかないので、確かな話ではないのですが、過去中古車を探してアチコチ見積もりをとった結果、普通の中古車店だと車両価格に諸費用を平均で30万円ほど上乗せされます。

ところがディーラー系のお店(トヨタやホンダといった自動車メーカーのネームが入った中古車販売店)は諸経費が10万円にも満たないような金額でした。

ちなみに私が過去中古車を買ったのはスバル、トヨタ、マツダのお店で諸経費は6~8万円程度でした。保証プランも充実しているので、車輌金額だけで決めず、総支払額を問い合わせて見比べるのが良いでしょう。

車両価格がすごく安いのに諸経費が高くて総支払額が同じくらいの金額ということはよくあります。

私はトヨタ系中古車販売店で買ったホンダ車でも安い諸費用、同じ保証内容で購入出来ました。来店時の対応などもよく店舗も綺麗なところが多いのでオススメです。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村

 自動車 ブログランキングへ